読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

今日の就活

今日はあの楽天の一次面接へ行ってきました。
他の企業とは全然違って、大きな部屋に仕切りがしてあって、その中で1対3の面接を行いました。俺は技術系だったので、そのグループへ。質問は志望動機と技術的なアピール&その質問という形式。
志望動機:自社で企画・開発・運用とWEBエンジニアの募集があるところでエントリー。その中でも明確かつ大きな目標を掲げている御社はその目標へ向かってみんながモチベーションを高くして働いている。その中で私も働けたら間違いなく成長できる。そしてRubyの開発者であるまつもとさんが顧問をしているということで、Rubyの文化も御社にはある。
なぜ自社開発にこだわる?→いつも通りの返答。
Rubyで何か開発した?データマイニングでアルゴリズムを実装。苦労した点は、作った後に実行しても、大規模なデータなので、デバッグが非常にやりにくい。

面接官の人の顔がケンコーコムでかなり突っ込まれた人とめっちゃ似てて、それを思い出してしまった。。てことでかなりテンパって途中で詰まることがあった。あのくらいなら許せるレベルだとは思うが。

でもこれだけは本当に言える。面接する時には必ず質問を考えていくこと。これ本当に最後絶対聞かれる!!  気楽に結果返ってくるの待つとします。