読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

vi 簡単なまとめと実際に使ってみて

このエディタのきっかけはインターン先で。そこで出会った凄腕のエンジニアの方々にviはいいよ〜と言われて、それに影響されてインターンが終わったら絶対にマスターしようと思っていた。
この中で特に範囲を指定してのコピペが非常に手間がかかるような気がした。これってどうしたら早くできるんだろ?実際にはあんま使われないのかなぁ。他は確かに1,2個のキーを打てばいいから速さは実感できた。
とりあえず入力と文字の消去、保存を一通り覚えたので最低限のことはできるようになった。これからはこれを使いながらさらにエディタを使うスキルを磨いていこう。 
それでは、ちょっと軽くまとめたので貼っておこう。


全ての操作はコマンドで行う。
文字列挿入系の操作
i:カーソルの前に文字列を挿入
a:カーソルの後に文字列を挿入
o:カーソルの下に文字列を挿入
削除系の操作
x:カーソル位置の1文字を削除
dd:カーソルのある行を削除


その他の便利操作(挿入モード)
ZZ:保存終了
u:作業の取り消しをする
0:カーソルを行の先頭に移動
H:現在ページの先頭行にカーソルを移動
L:現在ページの末尾にカーソルを移動
J:カーソルのある行と次の行を連結したい
数字yl:右方向にコピー
数字yj:下方向のN行をコピー
Y:カーソルの下の行にコピー
p:貼り付け
r:1文字だけ書きなおす
(書き終わったらコマンドモードに戻る)
.:直前操作の繰り返しをする

コマンドモードの使い方
:w newfilename :別の名前で保存
:sh :viを操作中に一時的にシェル操作をしたい
exit :再度viに戻る
/文字 :文字列の検索
nを押すとページ下方、Nを押すとページ上方へ検索
:%s/str1/str2/g :文書内の該当文字列を全て置換

領域を指定する
マークの付け方
1、マークを付けたい先頭位置にカーソルを移動
2、mx(xはアルファベットなら何でもOK)
3、マークを付けたい位置までカーソルを移動
4、d`xでカット。y`xでコピー。pで貼り付け。