読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

ホリエモンにメールで質問したら返事が来た。

Twitter上ではいくつもの質問に対して素気なく答えるホリエモン。でも当たり前かもしれんが有料メルマガに関しては親切に答えてくれる。ちゃんと自分の考えを書いてくれるし、同じ読者がどんなことを考えているのかもわかるので参考になる。

俺の質問は丁度今から5日前くらいにメルマガに返信しただけのもの。その質問メール本文がそのままメルマガに記載されてたわ。では早速俺の聞いた質問&答えを書いておこう。


質問


Q.2 ずばりビジネスモデルに関しての質問です。私は集合知を利用したソーシャルな電子書籍制作プラットフォームを考えています。Wikipediaの内容をさらに濃くしてそれを電子書籍化したものと考えていただければと思います。今までオープンソースはあるのに、なんで書籍はみんなで一つのものを作ろうと思わなかったのかが不思議で仕方ありません。現在のオープンソースのように、このオープン電子書籍プラットフォームは広まっていくのではないか、と考えています。
フリーミアムウェブサービスで具体的にどうマネタイズするかまでは考えていませんが、このビジネスモデルは有か無かご教授願います。

回答


A.フラットな参加者同士の集合知の電子出版にするとマネタイズや収益分配の仕組みが難しそうだからじゃないでしょうか?実際のところ例えば「電車男」は2ちゃんねる集合知の書籍化と言えなくもないと思いますが、その種の書籍は「死ぬかと思った」とか、それなりに存在していると思いますし、このメルマガのQ&Aコーナーも一種の集合知の電子出版といえると思います。



これだけ知りたかった方、内容は終わりです。ハイ。

にしてもまさかこんな形で憧れの人物とやりとりができるなんてびっくりだねホント。。 いやすごい、だって俺の考えに対してあのホリエモンが考えてくれたんだぜ?w それが1,2分でもいい。感動した。そしてこの質問、起業・ビジネス関連の質問の二つ目に掲載されているんです。質問した時期の問題ってもの一理あるが、ホリエモンの目に留まるような良い質問だったんだと信じたい!w

このメルマガで自分の起業アイディアを晒すなんて馬鹿だと思われるかもしれないが、これは自分のネットビジネスの感性を評価してもらいたくて聞いたやつだからOKOK。 また別のアイディアを考えるまでよ。でもこのアイディア、しっかりとマネタイズが考えられれば今後iPadと組み合わせて普及するかもしれんよなぁ。技術書とかは特に便利になるんじゃないかと思うんだが。

最後に一言。 有か無かで聞いてるのに答えてくれなかったー!w
文脈的に有って感じでOK?