読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

よき集団を作るには?私の考えるチームをまとめるリーダーシップ

自分の思うリーダーシップ論的なのを書いてみよう。そしてそこから見えてくる事柄についてまとめてみたい。

俺は5年間リーダーをやってきている。ある時は100人のメンバーのトップとして引っ張っていった。それに加え、集団を強い状態に維持することを可能にした。
ちなみに、これはオンラインの世界の話だ。そう聞くと「くだらん」と思う方もいると思う。所詮はバーチャルと思われる方もいるだろう。でもオンラインの世界で長続きする集団を作ることは非常に難しい。 なぜならば、誰でも気が向いたらすぐに辞めることができるからだ。実際の会社では、そんなに簡単に辞めることは起きないだろう。ここが現実と違う所である。4,5年前はオンラインの世界でその集団に尽くしていたが、今では週に2回1時間くらいやればその強さを維持できる程に仕立て上げた。
どうやってこの「強く、長続きする集団」を作り上げることができたのか?この5年間で実施してきたことを書き記しておこう。それが必ずしや、リアルの世界でも役に立つはずだから。
ここから先は、「チーム」を「会社」に置き換えてみると良いかもしれない。


まずリーダーになろうと思ったきっかけから。これはとても簡単で、色々なチームに加わってみても、自分の理想とするチームが無かったからである。だったら自分で作ってしまおう、ということでチームを立ち上げた。
ある程度大きくなった所で、チームのメンバーのほとんどが辞めていく事態に陥ってしまった。一人辞めると、続々と辞めていく傾向があるようだ。それを止めることができず、結局初めて作ったチームは解散となって終わってしまった。そこから次のチャレンジが始まる。
もう一度チームを作りなおした。今度は自分がしっかりと仲間に貢献できるように、まずは自分を鍛え直した。そして他の人があまり手を出さなそうな難しいスキルを身に付けた。結局、これが後の最強チームを作り上げる上で最も大切な点だと考えている。 人気のある能力を持った人はチームの中にたくさんいるから、それを補うことのできるような能力を持った人がチームにとって必要不可欠なのだ。
結果的に、能力を持った俺に色々な仲間が加わった。その中に以前解散したチームの中にいた仲間も加わってくれた。この人が何より大きな存在だった。 彼はチーム解散後、より高みを目指して当時最強のチームに加わっていたのだ。俺が新しく作ったと同時に、そのチームを辞めてこっちに来てくれた。


今回のまとめ

  1. リーダーこそ、他人とは違う何かの能力を身につける
  2. 古くからの人脈が発展を支える
  まだまだこのチームは始まったばかり。 今後どのようにして大きくしていったのか、それは次回としよう。