読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

AngularJS x Railsで ユーザ認証を実現するためのアプリ設計

AngularJS

AngularJS で認証の仕組みをどう扱うのか? これが悩ましい問題。 サンプルのAngularJS の認証の仕組みを見ると、Cookie を使ってサーバとやりとりをしているが、これだと前回紹介した理想的な Rails, AngularJS 環境の構築 - ボクココ のようなAPIとしてのきり分けができず、結局Cookieを使ったWeb用のソースがサーバ側で必要になってしまう。これではスマホアプリを作るときに同じAPIのコードを使えない。

てことで認証はOAuthのみで扱うようにする。Rails にはOAuth用の素晴らしいライブラリ、「Doorkeeper」というのがOSSであるので、これを使う。 Doorkeeperがアクセストークンの発行、アクセストークンのチェック、外部アプリ連携など、一通りのAPIによるOAuth認証の枠組みを提供してくれる。そしてソースは割とよみやすい。 今回はOAuthの中でもResource Owner Password Credentials Grant で認証をする。要はログインIDとパスワードを送って、アクセストークンをもらう方法だ。もちろんDoorkeeper にはAuthorization Code Grantの認証方法も提供されている。 Doorkeeperについてもっと知りたければ、RailsCastsの一読をお勧めする。

railscast-doorkeeper

DoorkeeperはDeviseSorceryとの連携が可能だ。Sorceryに関しては前回紹介した。Rails の認証で Devise ではなく Sorcery という選択 - ボクココ

Railsってこういうのがライブラリとして普通にあるのがすごいよね。このレールに乗って最短距離で作りたいものを作れる感、素晴らしい。

アプリの切り分け

しかし、ここで全てをAngularJS, OAuth, JSONレスポンスなフロント・バックエンド構成にすると問題になることがいくつかある。

  • SEO
  • Ajax前提ではないページ(Doorkeeperの外部アプリ連携や、課金など)
  • ERBを利用する前提で作られたライブラリの利用(Deviseなど)

その他諸々の事情により、機能を切り分けてアプリを作ったほうがいいと考えた。やはりAPIサーバのみのWebアプリ開発は厳しい。 構成としては以下の通り。

f:id:cevid_cpp:20131207132258p:plain

従来のRailsアプリで作るページ

  • SEO対策としてのトップページ(What is, How to, How muchなページ)
  • そのままの流れで新規登録をしてもらう
  • パスワード忘れ、退会など
  • 「このアプリに以下のアクセスを許していいですか」という外部アプリOAuth認証ページ
  • サービスによっては課金

アプリ自体

  • HTML/CSS/JavaScript のみの静的ファイル構成。
  • ログイン。会員登録されている前提
  • Webアプリそのもの

APIサーバの設定でCORS(Cross-Origin Resource Sharing)は必須かな。 取得したアクセストークンは LocalStorage or CookieJavaScriptで保存する。

アプリを2つに分けるのはちょっと面倒かもしれないけど、考えてみるとGmailなど、Googleアプリも同様の構成になっている。Gmail内で新規登録やユーザ情報変更などはしない。 ということでAngularJS で本格的にサービスを作るなら、この構成が理想的ではないだろうか。