読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

Kobo がアツい4つの理由

もうかれこれ半年以上楽天Koboを愛用させてもらっている。

まずはじめに、クーポンが欲しければKobo 検索を使えばOK.

Kobo Search

楽天Koboスタジアムとかで世間からはネタ化されてるみたいだが、自分から言わせればこの製品は楽天史上、最高のプロダクトだと思ってる。その理由は4つ。

海外の書籍が一瞬でゲットできる

Kobo は日本ではそこまで本の量が増えているとはまだまだ言えないが、海外ではAmazon Kindleと互角な量の本がある。今までは海外の技術本を読むんだったら2週間以上待って海外からの発送を待たないといけなかったし、しかも送料がかかったりといいことがなかった。それが今は買った瞬間から海外の本が読める!しかも電子書籍だから安い!辞書機能もある! エンジニアなら最新情報はもはや電子書籍からだな。エンジニアじゃなくても好きな英語の本を読んで英語の勉強にもなるし新しい知識も手に入るようになる。

例えばAndroidで検索して新しい順で検索すると、日本で話題になり始めたばかりの最新の技術が既に書籍化されていたりする。

日本の技術より1年以上はあっちは早く進んでいるんだよね。これが事実。

クーポンはんぱねぇっす

Amazon Kindle よりもすごいのがまさにこれ。 今楽天ではいかにみんなに使ってもらうかでクーポンをかなりばらまいてる。 これを使えばもともと電子書籍で安くなってるのに、さらに安くなる。 自分は端末買ったときに毎月割り引かれるクーポンコードを持っていて、それで毎回かなり得をしている。Naver まとめとかでKoboクーポンのゲットの仕方を調べれば、クーポンを使えない日はないことがわかるだろう。かなりの低コストで本が読める。これぞ「読書革命」

何だかんだで電子書籍用端末は読みやすい

iPhone とかで十分じゃね、って思う人がいると思う。実際買って読めばわかるけど、やはり読書に最適化されたフォントや光の加減とかはかなりこだわって作られている。ずっと読んでも目が疲れないし大きさも手になじむ。辞書機能も電子書籍ならではだ。Kobo glo からはスピードもかなり改善されていい感じ。次のバージョンも買おうと思ってる。

そしてお決まりの楽天ポイント

Amazon だとポイント全くたまらんが、楽天だと貯まるし使える。これでさらに本がお得にゲットできる。

結論

情強こそKobo.

Koboを愛するみなさんのためのサービス、作りました。クーポン情報もここから取得できます。

Kobo Search