読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

Android DBストレージ管理のライブラリの比較

こんにちは。
AndroidSQLiteの管理って結構面倒ですよね。あれをまともに書こうとすると、イチイチSQLiteOpenHelperでスキーマとか書いてoepn()とかしてCursor作ってBeanに詰めるという流れになるんじゃないでしょうか?これは開発効率が悪いと前から思ってました。
そこで最近はこの管理を楽にしようといろんなライブラリを探してます。
見つかったのは以下。上から順にGithubのスター数が多いです。

・greenDAO(https://github.com/greenrobot/greenDAO)
・ActiveAndroid(https://github.com/pardom/ActiveAndroid)
・androrm(https://github.com/androrm/androrm)

一個一個調べてみようと思ったけど、時間かかるので断念。。
GreenDaoとActiveAndroidの比較だけしてみた。

GreenDaoはスキーマとか定義すると、勝手にDaoとエンティティを作ってくれるみたいです。
これはSeasarでも同じようなことがあったような?
コードジェネレータって便利ですね。

ActiveAndroidは、コードジェネレータではない代わりに、アノテーションを多用してモデルを定義しています。対して、GreenDaoは、エンティティをシンプルなBeanにしてジェネレートしてくれるので、とても読みやすいです。
一回ジェネレートすれば、あとはDaoも使いやすいようです。



とりあえずGreenDaoからかなぁ。

でもちょっと以前に自分でもストレージ部分をフレームワーク化するコードを書いたので、
できれば会社でOSSで公開したい!