読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

結局、良いコードを書く力って

経験なんだと思う。

自分でコードをたくさん書いて、書いた後にわかる反省というものがある。

あぁ、ここをこうしてしまったから今とても使い勝手の悪いコードになってしまっている。 あぁ、ここの部分のテストを書いてなかったからバグがバグを生み出してしまった。

というように。

すると、次からは同じ過ちを犯さないように事前に考えてコードを書くようになる。これが成長だ。

さらに今あるコードをもっと良くするにはどうすればいいだろう?と考える。重複をなくすにはどういったテクニックがあるのだろう?と。そうすると基本的な分岐やメソッド、クラス定義以外の踏み入った技術に自ずと入っていくことになる。

他人のソースコードを読む機会があるといいだろう。そのコードを自分なりに改善するとどういうことができるか?書いた人と話し合う時間はとても有意義だ。

こういうのって、自分が今まで読んだ本の中にはどこにも書かれていなかった(読まなかっただけか?)ので、とりあえず本で入り口を知って、後はひたすら経験あるのみだね。