読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

さっそくKoboSearchでトラブル。その原因と今後

いやぁ、やらかしてしまいました。 たぶん30分以上サービスが使えない状態になってたと思います。まぁユーザ数少ないので大したことはないですが、これがユーザ数多かったらとんでもないことでした。

さて、その経緯と今後の対策についてまとめておこう。。

原因

今、デプロイはFTP転送ソフトでちまちまやってるんだけど、これがメンドイから自動化しようと思った次第。そこで見つけたのが FTPloy .

Github にプッシュするだけで指定のディレクトリをそのまま転送してくれるというもの。 CIの一環としては割とありきたりだが、こういうので楽しようと思った。

そんでやってみると、毎回全部をFTPするもんだから、めちゃめちゃ時間がかかる・・。bootstrap や fontawesome の転送にめちゃめちゃ時間かかるので、そういやこれ使ってないんじゃね?と勝手に判断し、それらを一回削除して再度デプロイした。

そしたらめっちゃそのライブラリを使っていることに気づかず、間違ったデプロイをしていた。しかも前のデプロイが FTPloy 内で詰まってたらしく、新しくデプロイが始まらない・・。 仕方ないので前から使ってたFTP転送ソフトで全部転送し直し。 その間本番用のAPI Key を更新し忘れたりで急いでたからミスを多発・・。

結局30分以上サービスが使えない状態でした。

反省

やっぱりデプロイはしっかり検証してからだなぁと感じました。いきなりそのサービスを導入してさぁいこう、だとミスった時の代償が思いのほか大きかった。

あと自分が作ったものだからといってやみくもに使ってなさそうなライブラリを消去するってのも相当危ないことをしたなぁと我ながら反省。まぁ仕事ならこんなこと絶対しないけど、個人サービスでもそういうことに気を使わんとな。