読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

TimeTicket を利用するなら今だと思う

TimeTicket というCtoCサービスがある。

その人の30分を販売するというサービスだ。内容は実に多種多様だが、やはりこういう新しいサービスに手をつけ始めやすいネット関連の人のチケットが多い気がする。

僕自身は人脈もお金もほとんどないので、こういったサービスを積極的に利用して人数の少なさと資金の少なさをカバーしている。人を採用するより、こういうサービスで専門家にお手軽に相談した方が質もいいし時間の節約にもなる。

んで、なぜ今なのかというと、みんな始めはお試しでチケットを作ってくれるからだ。今なら投資家とか、デザイナーとか、記者とか、スタートアップの社長などと1000円くらいで会って話すができる。

このサービスがメジャーになって、誰もがチケットを登録するようになると、市場原理で価格が大体決まってきてしまう。そうするともはやコンサル料として立派なビジネスとなってしまい、高額のタイムチケットがどんどん出てくるだろう。

チケットが高額になっていく前に、このサービスを使い倒すのがポイントだと思う。