読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

個人日記のススメ

実は4月24日から、毎日個人日記をつけている。今日どんなことがあって、どう思ったか。そんな独り言ブログだ。なんだかんだでもう半年くらい経とうとしているのか!

てことでそんな個人ブログをどうやって続けてきて、どんなことが良かったかを書いてみる。

自分にルールを課す

継続のポイントはこれに尽きると思う。どんなブログサービスでも良かったんだけど、他の人からできる限り見られたくないものなので、一般的なブログサービスだと最新の投稿とかで見られる場合もあるからちょっと悩んだ。最終的に Tumblr を利用することにした。Tumblr で誰もフォローしないでひたすら書きまくる。Twitterを一人でつぶやき続けるようなものだ。Tumblr はブログを書きやすいUIになっていて、余計なボタンとかないシンプルな構成だから好き。

そして自分に課した一つのルール。「寝る前に必ず書く」ということ。実はこれだけだ。もちろん、たま〜に忘れてしまうことがある。そんな時はやべってなって、すぐに書く。1ヶ月くらい続けたらもうここで止めるわけにはいかないってんで、どんな無理してでも書くようになると思うw

習慣は生活を変える

まぁこれはよく言われることだが、具体的にはこんな良いことがあると思う。

書く力がつく

やはりアウトプットって大事よね。昔の見返してたらすんごい短いブログだし、ただWhatしか書いてない単純な内容だった。それが半年もすればもうちょい具体的に書けるようになって、どう思ったかとかまで書くようになったので、平均して2倍くらいの長さの記事がスラスラと書けるようになっていた。これをずっと続けていけば記者並みのスキルがつくのかもしれない。

ついでに他のブログも毎日書くようになる

このボクココもそうだし、会社のブログもだし、ついでに毎日書く習慣がついた。ただボクココはネタが無い場合は書かない日もあるがw

最近ボクココのPVがちょいちょい上がってきたのは、この毎日書くっていう習慣が身に付いてきてからだった。ブログは本当に書くことがPVを集める最大のポイントなのだろう。

1年のおわりに見て感無量

年末の楽しみができる。あぁ自分は2014年という年をこのように過ごしてきたんだな、としみじみ感じることができる。そしてその反省をふまえ、来年の目標とかを立てられる。そんな日記としての役割。そこのブログには自分の本音が書かれているから後で読み返すとほんと何かこみ上げてくる何かがある。これ5年くらい続けたらすごいことになるかもなw

まとめ

寝る前のたった5分でいいから始めてみると良いと思いますよ!今日の出来事なら書くこと無いってことは100%ないのでw