読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

Swift と CococaPods の連携

iOS

Swift に移ってもCocoaPods 使うのが一般的なのかな?とりあえず外部ライブラリにはCocoapod を入れたインストール方法が書かれているから、これ導入しないとObj-Cの外部ライブラリは利用できないから入れざるを得ない。

今後、Swift プロジェクト用の外部ライブラリができてきたら、これ使わなくなるのかな。 Alamofire のインストール方法を見てみると、Cocoapodを利用した方法が書かれていなかったからね。

前置きが長くなった。掲題の件、始めます。

実行手順

こちらに全てまとまっていますw

SwiftでCocoaPodsを使う - Qiita

苦労した点

以下のエラーが出て全く進めませんでした。

Cocoapods ld: library not found for -lPods-Projectname

上記リンクをよくよく見てみると、

インストール後はxcworkspaceを開く

とあります。確かにプロジェクト直下を見てみると.xcodeproj.xcworkspaceの2つがありプロジェクトを作った状態だと.xcodeprojを読み込んでいるみたいです。一度Xcodeを終了し、.xcworkspaceをダブルクリックして起動したらうまくいきました。

Cocoapod を使っている人なら当たり前のことみたいっす。。 結構詰まった。