読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

WiMAXかLTEかひかり回線かの選択

スマホ代が高い」これはあらゆる人にとって共通の悩みかと思う。月々7000-8000円かかるような方も見受けられる。これをどうすれば安く利用できるのか。そこが今回のテーマだ。

家のひかり回線 + LTE

これが最もよくあるパターンで手軽な分、お金がかかるケース。確かに家のひかり回線を引いけば家にいる誰もがそれを使ってネットを使うことができるし、それぞれLTEでパケット使い放題にしていればそれぞれのスマホでネット通信ができる。

LTEテザリング

テザリングというLTE回線を使ってPCやタブレットに接続するサービスがある。これを使えば家のひかり回線をつながなくても、それぞれが持つスマホのみで各自がネットを楽しむことができる。

ただこれには一つ問題がある。それが「通信制限」だ。テザリングの通信は制限がかかっていて、これが動画とか見てるとすぐに到達してしまうくらいの低い制限であるのが問題。気安く見たい動画が見れないというのはほとんどの人にとって痛いことではないだろうか。

WiMAXスマホ従量課金

WiMAXを使えばスマホLTEを使う必要がなくなるので、スマホ代は月3000円程度に抑えることができる。それに加えてWiMAXの料金を支払うことになるが、これはLTEテザリングとは違い制限なしで接続できる。これが最大のメリットだ。

そのため一人暮らしの方はWiMAXを使うべき。家族間でしょっちゅうネットを使う人だけWiMAXを持たせるみたいなことで節約することも可能だ。

WiMAXはサポートで選ぶ

WiMAXスマホ同様、多種多様なキャンペーンで各社が競い合っている。では何で選ぶべきかというと「サポート」だと思っている。

例えば解約時期など、小さい文字位でちらっと書いてあって大変重要なことはWebだとわかりにくいが、口頭で話せばサポートの方が重点的に説明してくれる。これを気にしないでいると解約したい時に違約金で1万円以上の料金を支払わないといけなくなってしまう。

他にもキャンペーンと言ってキャッシュバックがあったとき、銀行口座の登録依頼のメールが10ヶ月以上先に登録したメールアドレスに送ってくる場合もある。これら全てサポートに電話すればちゃんと説明してくれる。

おすすめ WiMAX

サポートでの一番のオススメは NiftyWiMAXだ。料金もお手頃ながら、電話サポートで会員登録からWiMAX申し込みまでやってくれる。これは大変ありがたい。私自身もサポートの良さでNiftyを使い続けている。他のWiMAXサービスに比べてシンプルな印象を受ける。もちろん電話だけして申し込みは自分でしっかりやることも可能だ。


料金で選ぶならGMO。キャンペーンの割引額がかなり高くて基本料も安い。ただキャンペーンは10ヶ月後とかそこらに登録したメールアドレスから口座登録しないといけない。 忘れると振り込みされないといったことがあるので、しっかりとスケジュールに登録しておこう。


また今後に注目したいのが Yahoo!モバイルルーター。この業界は特に変化が激しいので、前良かったのが一転して他に良いサービスができたりする。比較はしっかりしないといけない。