読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

開発者こそ Salesforce をもっとよく知るべきではないかという提案

Heroku

最近はCMでも何かと話題な Salesforce。とはいえビジネスではそれなりに有名になってきても、実際の仕事で導入していない開発者にとってはまだまだ馴染みのないものかもしれない。だからSalesforceの可能性を知らない開発者は多いのではないだろうか? 今宵のAndroid/iOSの飽和状態に飽き飽きしている開発者の方に是非読んでいただきたい。

BtoBの開発アプリマーケットプレイス、AppExchangeを中心としたSalesforceの可能性を紹介しようと思う。

そもそもSalesforceって何かというと、基本は営業リストとか顧客管理とかを今までエクセルでやってたようなことをクラウドに移せば共有できるし効率いいよね、という話。Salesforceは仕事で使うあらゆる情報を保存しておいて、それらをシェア、閲覧ができる。はじめからいろんな仕事で使うデータが用意されているが、もちろん自分たちの仕事で使う独自のデータとかも簡単にテーブル作成できて保存できる。一定のタスクを自動化することもできるので、あらゆる分野で活用できるサービスだ。日本だとサイボウズのKintoneがこの分野、頑張ってる。

んで AppExchange は簡単に言えば、Salesforce版の AppStoreやGooglePlayのようなもの。自分で作ったSalesforceアプリを外部に公開し、無償か有償かで配布できる。このプラットフォームはまだまだ日本では注目度が低く、チャンスの眠っている分野だと考えている。しかも、 BtoB 向けアプリ、ということで効率化できるアプリであれば何万というアプリの金額でも払ってくれる企業はいると考えている。単価の高いアプリが作れるだろう。 アメリカではもう超有名だけど、最近は日本でも勢いを感じるのでこの際にチャレンジしてみるのは面白いだろう。 今流行り(?)のPepperとかIoTとかよりかは"ビジネスとしては" 現実的な選択肢だと思っている。初期コストとか普及率とか企業からのニーズとかそういう意味で。

http://www2.sfdcstatic.com/common/assets/img/logo-company.png

AppExchange用のアプリを作るには、Apexと呼ばれるSalesforceの独自言語を習得する必要がある。とはいえJavaに似た書き方のようで、そこまで習得には困らないようだ。あとはフロントのHTML/CSS/JavaScriptが書ければサーバーの管理も必要ないアプリを維持費なしで公開できる。最近はHeroku Connect という Heroku と Salesforceをうまい具合に連携してくれるツールも登場してきたので、Herokuでお好きな言語で作って、Salesforceと連携させる、というのも簡単になった。素晴らしいBtoB向けアプリを作れば一攫千金も夢ではない(?)

とはいえアプリで儲けられる、というのは副次的な効果に過ぎない。一番の利点はSalesforceのユーザー企業から重宝される市場価値の高いエンジニアになれることだと考えている。今後日本ユーザー企業が増えれば、仕事はどんどん舞い込んでくることだろう。 さらに、このApexアプリを書けるようになれば世界最大規模のハッカソンである、Dreamforce(旧 Salesforce $1 Million Hackathon) にも参加できる。¥1 Millionじゃないですよ。$1 Million。 賞金稼ぎ主体のハッカーにとっては目も眩むような金額だ。サンフランシスコで世界の強豪と戦うという経験も面白いだろう。今みたら、開催まであと1週間ちょいだった。意外にもタイムリーな記事だった。 サンフランシスコ行けないという方でも、日本でも去年から優勝賞金100万円規模のハッカソンが開催されている。これには私も去年参加した。優勝10万円とかのレベルのハッカソンではない。(お金が全てではない、というのは言うまでもないが一応。)

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRb2S1RTen9hE_WbmsNWTkp0olU3alQ435xw7RQx75F4N7SP-ckJA

ということで、今後はBtoC向けアプリじゃなくてBtoBアプリエンジニアとして活躍の場を選ぶのもいいのではないのかな、という提案。Apexエンジニアが少ない今がチャンスだと思う。

ちなみに最近、Herokuの記事ばっかり書いてるし、このタイミングでSalesforceの紹介もしているが、個人的に注目しているというだけで関係は特にないし宣伝でもない。アフィリンクがないのがその証拠だ(笑)