読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

"サーバーレスアーキテクチャで Twilioを安全に運用しよう!"で発表した

AWS twilio

ども、@kimihomです。

12月の月初は発表が3つ立て続けに行われたということで慌ただしい日々を過ごしていた。その中でも2時間ずっと講師役的な感じで発表した、「Twilio API 勉強会 Vol.28 - サーバーレスアーキテクチャで Twilioを安全に運用しよう!」の資料を修正してここで公開しようと思う。

Twilioサービスとサーバーレスアーキテクチャの親和性が高い。

CallConnectのような管理画面もバリバリあるようなサービスでは向かないが、UIを持たないTwilioと電話を自分で運用したいっていう場合なら便利に使えると思う。実際、今度のTwilio使った電話システムはこの構成だけで作ろうと考えている。

こうして発表した後のフィードバックとか、ブログを見ていただいている方からご報告をいただけたりする瞬間は嬉しいものだ。しばらく発表準備に明け暮れてテクいことができなかったが、ようやく今日からまたバリバリのエンジニアに復帰していく。