読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

仕事での電話はなくならない。電話がある限り。

雑談

ども、@kimihom です。

最近のスタートアップ や Web関連の企業を見ていると、電話を無くす! と意気込んで電話を設けずに仕事をして、集中できるぜヒャッホーウ! というところが少なくない。 彼らにぜひ気づいて欲しい。それは自分たちに都合がいいというだけで、顧客を無視している行為 だということを。

電話は鳴り続ける

電話がどんな形になろうと、電話の仕組みは残り続ける。スマートフォンがスマートフォンであるように、今もなお私たちのポケットの中にはいつでも電話ができる環境が揃っている。Facebook や LINE が発達したところで、今もなお電話がある。それはなぜか。

当たり前の話だけども、SNSなどのアプリは繋がりが大事。お互いが同じアプリを持っていてかつフレンドになっていないと、連絡を取り合うことができない。最近のコミュニケーションツールは繋がりがないと連絡が取れない。全てのアプリにおいて共通している事実である。どんなに技術が進化した現在でも、この課題を解決することはできていない。知らない人同士が一番手軽に通信できる手段は、今も電話なのだ。

"知らない人同士が一番手軽に通信できる"ということが重要。友達同士なら電話はいらない。電話が必要なのは企業や商品などの友達関係でない人との対話が必要になる場面だ。

メールやWebが普及しているじゃあないか

スマホでWebが簡単に閲覧できるようになった。だったらメールはほとんどの人が使えるし、Webから問い合わせもできる。今更電話なんていらないだろう。そういう声が聞こえてくる。

しかし、スマートフォンのあの小さい画面で電話ができるのに、小さなボタンを押しながらタイプしないとコンタクトが取れないという顧客の不便さを考えてみてほしい。どんなにスマホのキーボードを早く打てたところで、声に敵うことなどない。顧客にQRコードを読み込ませる?URLを入力させる?アプリを入れさせる? どれもこれも面倒なことだ。わざわざ連絡を取るだけなのになぜ面倒なことをしなければならないのか。

これらの課題は電話窓口さえあればすべて解決するのである。

電話は嫌いだ

企業などの電話窓口での電話が楽しい!って心から言える人は少ないだろう。仕事中に横槍が入って集中が削がれるし、どんな用件かもわからないので対応が大変だ。時には理不尽な理由でクレームが来て落ち込むこともある。多くの新社会人はほろ苦い経験を1つや2つしていることだろう。

電話が大切と言っている私も、その気持ちはよくわかる。だからこそ私は、電話を無くすという方向ではなく、電話をもっと良いものにしていく ことに注力している。電話をよくすれば、顧客も企業もハッピーになれる。なんて素晴らしいことだろう!

私が活動している理由

私は右のバナーにあるように、 CallConnect というサービスを開発・運営している。常日頃から電話窓口の理想的な形を追い求め、企業と顧客の優良な関係について考え続けている。

どんなにテクノロジーが進歩しようとも残り続ける電話を、テクノロジーでもっとよくしていきたい。そんな私だからこそ言わせていただきたい。

仕事での電話はなくならない。電話がある限り。