ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

San Francisco 行ったレポ

ども、@kimihom です。

5/22 から1週間ほど、サンフランシスコに出張に行ってきた中で感じたことについてまとめてみる。オフィシャルな内容は会社のブログに書いてるので、そちらも参照いただけると嬉しい。

selfree ブログ

San Fransisco の SaaS 企業ブーム

数年前までは Google や Apple, Facebook といった企業がこぞって集まる “Silicon Valley” という地域に注目が集まっていた。これは San Fransisco よりも南の地域で Sunny Bale や San Jose, Mountain View, Palo Alto といった地域の呼称である。ちなみに San Fransisco の現地の店員に Silicon Valley っていっても通じなかった。テック企業で使われる単なる通称なので注意していただきたい。

今は San Francisco の中心街がアツいことになっていた。特に Market Street より南の地域があらゆる SaaS 企業が集まる密集地帯になっていたのだ。 Salesforce, Slack, Atlasian, Zendesk, Airbnb, Uber, Intercom, Mixpannel, Twilio といった、日頃私がお世話になっている企業が一同に同じエリアに構えていた。

f:id:cevid_cpp:20170523110231j:plainf:id:cevid_cpp:20170523134129j:plainf:id:cevid_cpp:20170523134416j:plain

莫大な出資を受けて、イケイケな企業はこのようなビルにオフィスを構えるようになってきている。SaaS 企業が “東京化” している。そして東京よりもっと密集した地帯で、一大 SaaS エコシステムがそこにはあった。

Heroku 訪問

このブログでもちょくちょく書いている Heroku オフィスに訪問した。Heroku も同じ San Francisco にある。

f:id:cevid_cpp:20170523115124j:plainf:id:cevid_cpp:20170523125219j:plainf:id:cevid_cpp:20170523130047j:plain

最後の写真にある一番でかい建設中のビルが、 Salesforce の新ビルだそうだ。さすが王者といったところ。Salesforce が Heroku を買い取った時には、今後 Heroku がどんどん複雑化していってしまうのではないかと心配したものだが、Salesforce は Heroku の文化を尊重してくれていて、自由な文化のままであった。むしろもっと自由になったのかもしれない。社員のほとんどはリモートワークでオフィスにいれば定期的に社食が出る。地下は完全にリフレッシュスペースとなっていて、中はとても開放的なオフィスだった。

今回は Heroku で長らくエンジニアをされている日本人の方とお話をして、色々と話を伺ってきた。Heroku のデータベースの込み入った内容になるのでこの記事では書かないが、データベースの運用に関して色々とアドバイスをいただいた。

今回学んだこと (テクノロジー以外)

今後 San Fransisco へ行く方の参考になるような情報を雑に列挙してみる。ちなみに今回、行き帰りの飛行機と宿泊が一人っていうチャレンジングな旅行だったので、色々と勉強になったし成長できた。

  • Expedia はマジ便利。飛行機 + 宿泊場所を一瞬で比較して予約できる。チェックインの手間などもほとんどなくなる。無理して Airbnb 使う必要はないと思う。
  • 空港で 海外 Wi-Fi レンタルサービスを利用しよう。海外の出先でも Wi-Fi 使えるようにすると安心レベルが違う。6,000円ほど払う価値はある。
  • 飛行機は必ず直行便を選ぼう。ちょっと安くなるからといって Los Angels 経由などにしてはいけない。無駄に4,5 時間長くなるし乗り換えも大変面倒。
  • 行きの飛行機の中でいかにたくさん寝れるかが時差ボケ防止の勝負。足が冷えて寝るのが難しいので、足を温められる何かがあるといいと思った
  • 飛行機にいれられる程度の大きさのトラックケースを持ったほうがいい。トラックケースを預けると空港で出てくるまで待つ手間があるし、トラックケースが出てこない(今回経験した)とかの超絶面倒なトラブルも防げる。
  • Lyft や Uber は SMS 受け取れる電話番号(090,080など)がないと利用ができない。スマホで 050 番号を使っている人は注意しよう。
  • もし鉄道を使う場合には BART の切符購入手順は確実に手こずるので事前に予習しておこう。クレカ支払いにした方が吉。
  • 現金はほとんど使わないので 1万円程度の両替でOK。他は全部クレカでいける
  • Fisherman’s Wharf のクラムチャウダーが美味しかったのでオススメ
  • めちゃ寒いのに地元の人は半袖とか普通にいる。風邪引くので暖かい服装を用意しよう

全体的には特に大きなトラブルがなかったのがよかった。今まで英語勉強の記事を書いてきたように英語勉強をマジで頑張ったので英語のコミュニケーションで困ることも一度もなかった。やはりツアーを利用しない海外旅行では確実にそれなりの英語レベルが必要なので、英語に自信がない人はツアーにした方がいい。慣れない人が一人でツアーなしで行くと何かしらトラブルは起きるw これは前回のニュージーランドで経験した。

今後の San Fransisco へ行く方の参考になれば幸いだ。