ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

Rails 5.1 のフロントエンド周りの所感

ども、@kimihom です。

常に話題に上がってくる Rails のフロントエンド事情だけども、今回 Rails5.1 を色々みた中で自分が感じたことについて書いていく。予め断っておくと、自分もまだそこまでフロントエンドをマスターしている身ではないので間違った考え方の部分もあるかと思う。その場合はぜひコメントなどいただけると幸いだ。

Rails Guide は今でも rails-ujs

jquery-ujs が rails-ujs に変わったなどで、脱 jQuery を果たした Rails5.1。この時点で他のフロントエンドフレームワークに移ることを検討した方も多いかもしれない。

そもそも、jquery-ujs って Rails において結構大事な役割を果たしていると思うので軽く説明すると、要は <%= form_for @article, remote: true %> なフォームで Submit した時に、 Ajax でリクエストを送って対象 Form のイベントに ajax:success などの形式でコールバックが呼ばれる仕組みだ。これが今までは jQuery 依存だったけど、その依存が取っ払われた感じになる。Rails 5.1 では form_with ってのが登場した。

この rails-ujs についてよくよく考えてみると、その他のフロントエンドフレームワークを使おうと思った時点で、rails-ujs のような仕組みは不要になっちゃう気がする。なぜなら、その他のフロントエンドフレームワークでも Form を作る機能を兼ねそろえていて、そっちを使っていくことになるはずだからだ。特にモデルを フロントエンド側で管理しているなら、完全に form_with などは機能が重複してしまうので rails-ujs 自体要らない子になる訳だ。

でも Rails Guide には今でも rails-ujs を使ったサンプルがあるし、残り続けている。それはつまり モデルのデータバインディングの仕組みのない何か を使うことが今でもベースになっているように思う。これはとても理にかなっている。なぜならサーバー側でフォームを生成すれば、フォーム生成は form_with を使って生成できて、I18n は Rails 側で管理された言語ファイルから読み出すことができ、バリデーションやエラーメッセージの表示など、全て Rails の ActionView 側に一任することができるからである。Rails を使っているのに、これらの処理をフロントエンドフレームワーク側でやるってのは機能の使い方として重複しており、それやるんだったら ActionView 自体の機能をごっそり削ぎ落とした RailsAPI 使ったほうがよくね、となるのは当然のことだ。だから Rails API が Rails5.1 から標準で使えるようになったのだろう。

link_toform_withremote: true な Ajax 通信を行い、フロントエンドではレスポンス時の UI 更新だけをする。こうすればフロントエンド側の責務はシンプルになる。Gmail や Facebook 並みのガリガリのリッチな Web アプリケーション作りたいってなら話は別だけど、たいていの Web アプリケーションは "検索して詳細見てフォーム投稿" といったオーソドックスな仕組みだろう。それをわざわざフロントエンドフレームワークに適用するのは、やはり Too Much だと考える。ちょっとしたページ遷移を素早くしたいってなら Turbolinks を使えばうまく History API をラップしてくれるし、Rails はあくまでもそうした用途向きに作られているのだと以下の動画で教えてくれる。

RailsConf 2016 - Turbolinks 5: I Can’t Believe It’s Not Native! by Sam Stephenson - YouTube

f:id:cevid_cpp:20171027225345p:plain

そう、あなたは Google でもないし Facebook でもないのだ。 個人的には Turbolinks は使わないで History API を自前で作ってるのだけど、基本的な Rails のフロントエンドの考え方について上記の Rails Conf での動画は参考になる。

で、お前は Rails 5.1 のフロントエンドでどうするの

まだ模索中である。少なくともバインディングがあるような Too Much な機能は必要とせず、素の JavaScript が簡素化されたくらいのものでちょうどいいと考えている。素の JavaScript で書くのが面倒だったら、もしかしたら jQuery 3.0 の採用もありうる。

そんで ActionView をちゃんと使って form_with でフォームを作成する。Ajax 通信時に断片的な HTML もしくは JS を返してあげて、jQuery でいう $().html()$().append() などで動的に HTML を変えていくシンプルな実装にしたい。部分的なところだけをアップデートするみたいなことをするのは正直複雑になるだけだと思ってて、だったらページごと body.html() で変えたり、大枠の div だけをごっそりと変えるような Turbolinks 的な方法で問題ないように思う。こうすることで、ちゃんと Rails のレールに乗って開発効率を高めて無駄な時間を省き、良いプロダクトを作ることに専念できるはずだ。

もちろん Gmail 並みのガリガリのプロダクトを自分が作るってなら話は別だ。でも、そもそもそういうのを作るんだったら、Rails 自体を採用するのがナンセンス だと私は思う。

終わりに

Rails 5.1 フロントエンド周りの所感についてまとめてみた。当然それぞれ考え方はあるだろうから、1つの考えくらいな感じで参考にしていただければと思う。

少なくとも私は Rails の提唱する実装方法に素直に従って開発し、Rails と共に 良いサービスを作ることに専念していきたい。そういう考えのもとで得た答えが、上記のような開発スタイルである。

今後 Rails 5.1 でちょいちょい開発していく予定なので、何か新しいことがわかったら記事にしていく予定だ。