ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

個人的に効果のあった肩こり対策

ども、@kimihom です。

f:id:cevid_cpp:20180128155924j:plain

私はエンジニアの立場上、長らく肩こりに悩まされてきた。今までは職業病かなと半ば諦めでむしろ肩こりに慣れてきたような状態にまでなっていた。ただ最近になってようやく治していこうという気になって整体に通うことにした。そこで受けた治療の中で「これは効果あるかも」と感じた方法をシェアしたいと思う。

効果のあった肩こり対策

実は私の場合、肩こりが来るベースとなっていたのは、"腕"だった。腕の痛みが肩にまで上っていって、首の方にまで負荷がかかっていると教えられた。腕から肩にかけて、色々な場所を指で押していったところ、肩を押すよりもマジで痛いポイントってのがいくつかあった。私の場合は以下のエリアだった。

f:id:cevid_cpp:20180128154752p:plain

ここを寝る前とか休憩の時間とかにコツコツ押していると、そういえば肩こり起きてないなって感じにまで改善された感じがする。

あとは日常生活で無意識で手を前に持っていってしまっているケースを減らしていくことを気をつけている。例えば寝る時とか、癖で手を前に持っていって寝てしまうケースなどがある。これもできる限り手を下ろして、普段のキーボードを叩いている方向とは逆向きにして寝るようにしている。

エンジニアの肩こり

最初はプログラミングをしてるだけなのに、なんでそれで肩が凝るのか謎だった。よくわかんないから めっちゃ良い椅子を買ってみたり、机の高さを色々と変えて調節してみたりした。ただこれらの対策は腰には効いたかもしれないけど、肩こりの対策にはならなかった。

んでよくよく考えると、エンジニアはタイピングのために手をずっと前に持っていく必要のある仕事である。それによって腕に負荷がかかっているというのは確かにそんな気がする。

とはいえ上記の方法でコツコツマッサージしていっても腕を押した時の痛みがいつまでも治らないのは、その後またキーボードを叩くために手を前に持っていっているからなのだろう。。こればかりは仕方ないので、定期的に体をメンテナンスしてあげていくしかないように思う。

自分でケアできない部分は、定期的に整体に行って施術してもらうようにしよう。

終わりに

今回のケースでは今まで色々な肩こり対策/マッサージを受けてきた中で、効果があったかもしれないと感じている方法を紹介した。もし読者の方の中で肩こりに悩んでいて、この方法は確かに効果あった!という方はこっそり教えていただけたら幸いだ。