ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

指揮ピアニスト という新しい趣味

ども、@kimihom です。

f:id:cevid_cpp:20201205144304j:plain

2020年の新たなチャレンジの一つとして、指揮ピアニストとなって、動画を投稿し始めることをした。初めての曲の演奏と動画撮影の準備、練習そして動画投稿まで一通り完了したので、記念にブログとして残しておこう。

きっかけ

「何か新しいことを始めよう、しかもそれは仕事プログラミングに全く関係ないこと」ってことで探し始めた。自分が本当の意味で、気分転換になるものを探していた。というのも、私は土日ですらプログラミングをやっていたのだった。それは、純粋にプログラミング自体が好きだったからだ。もちろん、この趣味がプログラミングってのは、仕事においても役に立つという意味で、素晴らしい趣味だと思う。

しかし、土日でのプログラミングは、本当の意味での気分転換ではないことに、最近気づいた。結局、土日でも平日のプログラミングとほとんど同じようなことを考えてしまう。そこで考える脳は全く同じ場所(きっと左脳)で、毎日負担をかけていたように思う。だから休日くらいは右脳を刺激するような活動をして、より良い趣味と仕事のバランスで、毎日を過ごしていきたいと思ったわけである。

そこで「音楽」ってのは自分にとって気分を変えさせてくれる、いい趣味だと考えた。誰でもそうだと思うけど聞いている途中はその歌に夢中になれる。さらに聞くよりは自分が曲を演奏したり、ダンスしたり、歌ったりすれば、より "曲に参加" できる。

趣味のアウトプット

そこで、私が"曲に参加" するための方法として、 指揮者 として音楽の世界に入り込もうと考えた。ピアノの演奏は妻が担当してもらっている。自分が指揮によって曲をより表現できれば、何より私自身の気分が向上する。

その指揮っていうのは、本来の演奏者をまとめる "指揮" ではなく、自分の曲に対する気分を自由に表現して、自分が音楽に入り込む "指揮" である。目的は全く違うんだけど、まるで指揮をしているような気分で音楽に参加する新しい世界を、他の皆と作っていきたいと思った。

そこで音楽の新しい世界を皆と作るために、ブログと同じようにアウトプットしたいと考えた。アウトプットをし続けて、自分を成長させ続けることは、仕事も趣味も同じように続けたいと思っているからだ。趣味で単に遊ぶ、気分転換するだけではなく、続けることでしっかりと成長して、次なる自分、願わくば次なる新しい音楽の世界と出会いたいと思っているのだ。

そのため、YouTube でコツコツ、動画を公開することにした。執筆時点では、先日公開した動画1本のみだ。最初からたくさんの人に見られたいとかはないけど、自分の趣味のアウトプットとして続けていこうと思う。願わくば、指揮者と動画の視聴者の気持ちがつながるような、新しい指揮の世界を作っていければなと思う。

YouTube 動画の世界に手を入れると、もちろん動画制作は奥が深い。まずは本を読んで勉強し、その中で今回の動画では以下のような工夫をしている。

  • ピアノ専用のマイクで曲を取り込む
  • カメラを2,3 個同時に撮影
  • iMovie で動画の切り替えや音声、明かりの調整。最初の文字入れなど
  • (今後) 動画の中にチャンネル登録のボタンなどを投入する

YouTube 動画の紹介

最初の一回目は、"ファイナルファンタジーX の ザナルカンドにて" を演奏、指揮している。これは単に自分のピアノ曲の中で一番記憶に残っている曲だったから、最初の曲として選んで、演奏してもらった。この曲は寂しさを感じる曲であり、指揮自体も落ち着いた雰囲気を意識するようにしている。ただその中でも、未来への希望のような、そんな私の気持ちを指揮の中で伝えようと意識している。

今後は、指揮によってより気持ちを込められるような曲、よりトレンドに乗った曲を自分なりに表現するような動画を公開できればいいな。

まだ動画は1つしかないけど、今後も追加していくのでよければチャンネル登録してくれたらモチベーションがさらに上がるので、登録してくれたら嬉しい。 www.youtube.com

終わりに

しばらく病気で新しいことのチャレンジに時間がかかってしまったけど、ようやく最初の1曲目を紹介できたことに喜びを感じる。

ボクココの新しい趣味の一つとして、その成果を YouTube 動画でみてもらえればと思う。