ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

ポッドキャストに出演した話 (収録内容付)

ども、@kimihom です。

今回は縁があって Salesforce 界隈でおなじみの migration.fm というポッドキャストにゲストとして参加させていただいた。そして恐れ多くも2回に渡って公開していただくこととなった。

まずは時間ある時にでも聴いていただけたら幸いだ(それぞれ1時間くらい)。以下、概要とともにリンクをご紹介する。

16 Customer Success! (kimihom)

16: Customer Success! (kimihom)

  • migration.fm を運営されている倉谷さんと知り合ったきっかけ
  • Heroku コミュニティの運営に対する思い
  • 本当のカスタマーサクセスとは

17 Where is Silicon Valley in Japan?

17: Where is Silicon Valley in Japan? (kimihom)

  • 新しい技術 (AI, BigData, IoT…)
  • 日本のシリコンバレー。現時点ではないが、福岡が最有力?
  • よいサービスの作り方。信念を通しつつも顧客と向き合うこと

自分で聴いてみて感じたこと

自分のコミュニケーション能力の低さを露呈してしまった感がものすごく出ている出演だったと思うw 何せ普段、リモートワークで誰とも喋らずにただひたすらプログラミングやこうして記事を書いていることが多い中で、いきなり声でのポッドキャスト出演となれば誰だって難しいだろう。きっと聴く人のことを意識して喋るってのもまたスキルの一つとしてあるのだと思う。私には圧倒的にその能力が無く、素人っぷりが出てしまった。

ただ MC の倉谷さんはさすがの進行力でうまくバランスを取っていただいたと思う。私の素人っぷりの喋りでもなんとか聴いてもらえるような内容になったと思っていただいていることを願う。

話した内容で Part 16 は Heroku コミュニティネタ以外はボクココに書いたことがベースになっているので、読者の方であれば慣れ親しんだ話題に聞こえるかと思う。 Part 17 は割と未来のことって感じであまり記事で書いていない話題に触れているけど、ちょっとだらだら話しちゃったな〜と反省。"このビジネスはいける" 的な話は、最終的にはお前がやれよなんだよなぁ。まるで VC が起業のサービスネタについて喋っているような感じになってしまった。聞く人にとってはそう思われてしまうような感じだっただろうけど、話した本人としてはとても楽しかった。

話し上手か下手かはさておき、私は今回のポッドキャストのような内容を話すことが好きで、そういうのを情熱もって話してくれる人と交流を深めていきたい。そんな意味では良いアピールにもなったと思う。

いつか自分のポッドキャスト bokukoko.fm をやってみても面白いかもな〜と検討したけど、ポッドキャストをやる側になると MC の立場になるわけで、聞く力が間違いなく大事になる。 それはそれでスキルとして磨いていければ良いんだろうけど、やっぱ私はこうしてブログでひたすら思いを書きまくるってスタイルの方が今までやってきた経験を踏まえて自分に合ってるなと感じた。

私は友人や知人にブログを書きましょう、読みにいきますから とよく言ってるんだけど(それでも書いてくれない泣)、ポッドキャストで情報を発信していく人が今後もっと増えても良いんじゃないかな〜。ポッドキャストは移動中に目を使わなくても情報を"聞ける"って意味でありがたいものになるはずだ。最近自分の目がしょっちゅう疲れるんだけど、そうなるとマジで何もやることがなくなるので結局目を使うみたいな循環の繰り返しだった。ポッドキャストはそんな私の一つの良い対処法の一つでもある。知り合いがポッドキャストをやっているのであれば尚更聞きたいし、配信者の方と今後もっと多く巡り会えたら良いな。

終わりに

今回はお誘いいただき & 聴いていただきありがとうございました。ポッドキャストに出演するって機会はほとんどないと思うので、良い経験になった。

実際はポッドキャストって言っても、収録が始まれば普段のトークをしている感じだったので(それのせいで聴きづらい感じになっちゃってるかもしれないけど)楽しく参加することができた。

何か思い出した時にでも定期的にこの収録を聴いていきたい。私にとってそんなポッドキャストの収録だった。