ボクココ

サービス開発を成功させるまでの歩み

自分のサービスに自信を持つことで得られるメリット

ども、@kimihom です。 唐突だけど、皆さんは自分の持ってるサービスに本当に自信を持っているか?自分のサービスをどうやって自信を持たせるか、そして自信を持つことで得られるメリットについて書いてみようと思う。 自分のサービスに自信を持つきっかけ …

流行を生み出すスタートアップ

ども、@kimihom です。 いつの時代にも流行がある。流行は時に個々の判断を鈍らせ、「あの人がやってるから自分もやる」というだけでどんどんと広がっていく。一方でその流行は、発起人が意図的に仕組んでいる側面がある。本記事では意図した流行をどうやっ…

ソースコードに「愛着」はあるか?

ども、@kimihom です。 今回はちゃんとしたソースコードを運用し続ける上で大切な考え方について記す。 あなたは読み直せるソースコードを書いているか ハッカソンや 0->1 のフェーズの何が楽しいのかというと、真っ白なキャンバスに思いっきり絵を描いてい…

上司と素直に話すことについて

ども、@kimihom です。 たいていの社会人には上司という存在がいるはずだ。そして何かしら上司の不満を抱えながら、我慢して働き飲みの場で愚痴をこぼすといった姿が日本の社会として見受けられる。本記事では上司に言いづらいことに対して実際に私がやった…

ContentEditable のハマりどころと対処法

ども、@kimihom です。 前回の記事で、ContentEditable についての概要をざっと書いた。ContentEditable の持つ魔力については以下の記事を参照いただきたい。 www.bokukoko.info さて、本記事では実際に ContentEditable を使って実装しようと思った際に気…

SaaS にカスタマイズは悪なのか?

ども、@kimihom です。 SaaS(Software as a Service) 界隈でよく言われるカスタマイズの是非について。 顧客ごとに最適なアプリケーションを用意(カスタマイズ)してしまうと、そのための改修や運用コストなどで今後のサービス改善に支障をきたすなどの理由で…

きみにしかできないことなんだろ、これは!

ども、@kimihom です。 夏も終わりっすね。そこで夏の終わりのサマーウォーズってことで、その映画の中に私の好きな言葉がある。それが、主人公のけんじ君が最後に一生懸命数学の問題を解いている時に、励ましてくれる医者のおじさんが発する言葉だ。最終的…

拡張テキストエリアを ContentEditable で実現しよう

ども、@kimihom です。 今回は ContentEditable という知る人ぞ知る HTML5 で導入された HTML 属性についてご紹介する。 まず始めに、 大いなる力には大いなる責任が伴うということを伝えておこう。ContentEditable を本気でやろうとすると確実にどハマりし…

"続けられる"ブログの書き方

ども、@kimihom です。 先日、とある企業へお邪魔して色々と話を聞いたところ、ブログやメディアを書くことが難しいってところに課題を感じているようだったので、私の思うことについて書いてみる。 正しい 目的を決めよう 目的の話がやはり一番大事だ。あな…

良いサービスの作るシンプルな考え方

ども、@kimihom です。 今回は Heroku Meetup#18 で LT してきたので、その内容と発表後記的な感じでまとめてみる。前に書いた記事を基にしているので、被る部分もいくつかある。 LT 登壇資料 まずは以下の資料をざっと見て欲しい。言っていることは至ってシ…

詳細な設計書なんて捨ててしまおう

ども、@kimihom です。 一部のスタートアップ(?)では、未だに細かな設計書を書いて満足してしまうチームがあるようだ。先日、久々にスプレッドシートに大量に機能設計書(しかも Phase 2まで書かれた)を見て、おぞましさを感じたので記事にしてみる。 私が言…

プログラミングの前に、徹底的に考えよう

ども、@kimihom です。 プログラミングをかじった初心者は、思いついたらすぐにプログラミングを始めてしまう傾向にある。やがてプログラミングに慣れてくると、いきなりプログラミングを始めることを止め、根本の設計ミスをどう防いでいくかという点に重点…

プログラマのための SQL を読んで

ども、@kimihom です。 今回は以下の本をざっと読んだので感想を書く。760ページにもなる超大型本だ。 プログラマのためのSQL 第4版作者: ジョー・セルコ,Joe Celko,ミック出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2013/05/24メディア: 大型本この商品を含むブログ (…

Rails コントローラ内の define_method 活用例

ども、@kimihom です。 今日はちょっとした Rails の小ネタ。Ruby にはご存知の通りメタプログラミングというトリッキーな開発方法があって、これが良いだ悪いだの議論が絶えないわけだけども、ちょっとしたことで便利に使える時がある。 今回紹介する defin…

Elasticsearch と Rails のデータ同期方法

ども、@kimihom です。 全文検索の仕組みとして Elasticsearch を使ってサービスを運用している。Elasticsearch と Rails を使っている上で考慮しなきゃいけないデータ同期の方法について、それぞれのメリット/デメリットを紹介した上で最終的な提案まで記す…

モチベーションを保ち続ける

ども、@kimihom です。 今回は以下の本を読んだので感想とやっていきたいことみたいなのを書いてみる。かなりいい本だったので、モチベーションに関して興味ある方はぜひ読んでみることをオススメする。 モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き…

エンジニアの生産性は人数で変わるのかについて

ども、@kimihom です。 “エンジニアの人数とプロダクト開発の生産性は比例しない” とよく言われる。実際私はこれは正しいと思っていて、今まさに1人エンジニアで高い生産性を実現している。本記事では人数とプロダクト開発の関係について自分の考えをまとめ…

オンリーワン企業になるために必要な仮説

ども、@kimihom です。 ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン。 ということで、インターネット企業でオンリーワンを目指すにはどんな企業になっていく必要があるのか。下記の項目は私の仮説ではあるけども、理由とともに記して行こう…

キミは本当の MVP を作れるか

ども、@kimihom です。 新サービス開発においてよく言われる “MVP (Minimum Viable Product)” ってのがあるけど、これを本当に実践できている人はどのくらいいるのだろうか。 今回はよくある勘違いと私の考える正しい MVP の作り方について記していきたい。 …

大切にしたいインターネット企業の条件

ども、@kimihom です。 今回は私の好きな本を一冊紹介する。私はこの本を読むたびに号泣するのでティッシュが必須である。 日本でいちばん大切にしたい会社作者: 坂本光司出版社/メーカー: あさ出版発売日: 2008/03/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入:…

Web サービスを自力で作る上で大事な考え方

ども、@kimihom です。 “最近Webサービスを気軽に作ることができなくなった気がする” 流れがある中で、私はどんどんサービスを作っていけ派な人間なので、一言書いておきたいと思う。 開発するネタが出尽くしたことが一つの要因 ちょっと昔は、基本的に「ユ…

CRUD のその先へ。データ分析をはじめよう

ども、@kimihom です。 Rails を使って Web アプリケーションを作ってる分には、ActiveRecord をちゃんと理解すれば十分だ。そして複数テーブルにまたがった join や preload の方法などを理解することで、効果的なクエリの発行を学んでいくことだろう。以下…

機能開発より機能改善が大切な理由

ども、@kimihom です。 ここ数日ちょっと風邪をひいてしまって更新が遅れてしまった。。でも今日からまた復活したので書いていこうと思う。今回はサービス開発においての"何をやるか"について。 なぜ人は機能開発を安易に選ぶのか ここでいう"機能開発"は、…

インターネット公衆電話サービスを1人開発したよ

ども、@kimihom です。 ボクココの記事で前からエンジニアはサービスを1人で作りきるくらいの気迫を見せて欲しいと言っている立場だったので、私が今回空き時間で作ったサービスをご紹介する。 名前は InstantCall 。InstantCall を一言で言うと「インターネ…

Node.js Express で非同期処理を next で対応する方法

ども、@kimihom です。 今回は Node.js の Express を使った場合の非同期処理のスマートな対応方法をご紹介する。 Node.js の非同期処理の重要性 簡単な比較をすると、Ruby では非同期処理をほとんどしない代わりに、それぞれのリクエストの一連の処理がが終…

ポッドキャストに出演した話 (収録内容付)

ども、@kimihom です。 今回は縁があって Salesforce 界隈でおなじみの migration.fm というポッドキャストにゲストとして参加させていただいた。そして恐れ多くも2回に渡って公開していただくこととなった。 まずは時間ある時にでも聴いていただけたら幸い…

勝手に好きな技術の Twitter サポートを始めてみた話

ども、@kimihom です。 私は Heroku や Twilio (あとちょっとだけ Stripe)の User Group のコミュニティの運営として活動に協力しているわけだけども、イベント開催以外でこれらのテクノロジーの普及に向けて何かできることはないかと思っていた。 そんな矢…

Twilio の AuthToken と API Key の違い

ども、@kimihom です。 今回は Twilio ネタ。地味だけどこういうのって調べようと思わないと知らない内容だと思うので記事にしてみた。 AuthToken と API Key の違い まず Twilio には API アクセスするために、AccountSID と AuthToken の2つが出てくる。こ…

1人エンジニアでサービスを成長させるために実施したい4つのこと

ども、@kimihom です。 1人エンジニアでサービスを成長させるために実施したいことについてまとめてみる。 ローンチ前と後の違い サービスローンチ前の開発ほど楽しいものはない。誰かに何かを言われるわけでもなく、ただこれを作る!と決めたものを夢中にな…

Twilio TaskRouter が目指すもの

ども、@kimihom です。 Twilio をちょっとかじってると、 TaskRouter という言葉を目にすることがある。たいていの場合、「何やらよくわからんもの」くらいな感じでスルーしてしまいがちなんだけど、この TaskRouter は Twilio の目指す世界観を深く表してい…